mac:ファンクションキーの特殊機能を使いながら空いているF5とF6をカタカナ&半角英数変換にする | himajin

mac:ファンクションキーの特殊機能を使いながら空いているF5とF6をカタカナ&半角英数変換にする


私のmacキーボードはワイヤレスキーボードで、F5とF6に特殊機能がついていなくて空白なんです。
なんかもったいないなーとずっと思ってました。
あと、ことえりのF7カタカナ変換とかF10の半角英数変換とかも、魅力的だなあと思っていました。
そうなると普通なら「環境設定」>「キーボード」>「F1、F2などすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れるで解決なんですけど、itunesの前へ次へボタンとか何気に使っていたり…。
つまりですね、超わがままなんですが、
F7~F12のitunesの前へ次へボタンとか音量ボタンとかの特殊機能キー(メディアキー)を使いながら
ことえりのF7カタカナ変換とかF10半角英数変換とかも使いたい。
ただし「fn」キーとかめんどい(´・ω・`)

そして結局、
「特殊機能キーを生かしながら空いているF5とF6にはよく使うカタカナ変換と半角英数変換を割り当てちゃえ」
という結論に。
そんな自分用の覚え書きです。画像とか無くてすみません。
もっと簡単な方法があるのかもしれません。
あとことえりのファンクションキー設定をいじるのでやりたい人は自己責任でお願いします。
Mac OSX 10.8.4
STEP1 ファンクションキー解放
(1)「環境設定」>「キーボード」>「F1、F2などすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れる
STEP2 F1~F4とF7~F12に特殊機能を個別設定
(2)FunctionFlipをダウンロード&インストール(ファンクションキーの特殊機能を個別に割り当てるソフト)
(3)「環境設定」>「FunctionFlip」>「Options and Settings」を「キーボード」にする
(4)「Select Keys to Flip」のすべてのチェックを入れる(割当の無いF5F6は表示自体ないはずです)
(5)右側の「Start FunctionFlip at Login」にもチェックを入れておき、FunctionFlip終了
STEP3 F5とF6にカタカナ変換と半角英数変換を個別設定
(6)ことえでぃをダウンロード&インストール(ことえりのファンクションキー設定を変更するソフト)
(7)ことえでぃ起動
(8)「キー」のF5(修飾キーは(なし))に割り当てられているコマンドを「カタカナに変換」に変える
(9)「キー」のF6(修飾キーは(なし))に割り当てられているコマンドを「半角英字に変換」に変える
(10)「キーバインドセットを保存する」を選択、名前は適当に
(11)「このキーバインドセットをシステムに適用する」>「続行」を選択し、ことえでぃ終了
(12)ことえりの「環境設定を表示」>「入力ソース」>「Windows風のキー操作」にチェックを入れる
これで完了。あーすっきり(つ∀`*)すっきりしたったーー!


『mac:ファンクションキーの特殊機能を使いながら空いているF5とF6をカタカナ&半角英数変換にする』へのコメント

  1. 名前:ゆきこ 投稿日:2014/11/08(土) 09:28:45 ID:589fc6ab0

    Yosemiteだとことえでぃ使えない。。。残念。。。

  2. 名前:ゆきお 投稿日:2015/08/03(月) 21:00:18 ID:589fc6ab0

    はじめまして。こんばんは。
    ゆきこさんと同じことがやりたくて、探していたらここへたどり着いたのですが、
    Yosemiteでは"ことえでぃ"が使えないということで、残念です。。。
    現在、これに変わるいい方法はあるのでしょうか?
    また、ゆきこさんは、現在どのようにされていますか?
    ご返答いただければ幸いです。

  3. 名前:ゆきお 投稿日:2015/08/03(月) 21:41:20 ID:589fc6ab0

    連投失礼します。
    質問しておきながら、手持ちのアプリ(BetterTouchTool)で、キーの置き換えをすることで解決できました。
    すみません。

  4. 名前:ゆきこ 投稿日:2015/09/15(火) 21:21:01 ID:589fc6ab0

    今更コメント気づきましたすみません。
    おお、、諦めてましたできるのですね。
    私もやってみます(^^)
    教えてくださってありがとうございます。

▼コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿ができませんのでご注意ください。(スパム対策)