himajin | ページ 5 | blog.yukikok.jp

幸兵衛窯

「天晴」というタイトルが素敵ー。欲しくて欲しくて頑張って買った。以前お気に入りだった同窯の鳥の作品が割れてしまって意気消沈していたのですが最近偶然オークションでこの作品を見つけて、地元だったのでそのまま購入させてもらいました。運が良かった。

玄関。花器は七代目加藤幸兵衛氏の作品。渋〜い地の色と、綺麗な白色のバランスが美しくて気に入ってます。


まだまだあー

こないだ行った画材の祭りみたいなイベントで買ってみた筆。NAMURAのNormeっていう筆。 2号。めっちゃ安い。人工毛だけどやわらかい!・・・気がしたのに、いざ使ってみるとコシ強くてふでがピュンピュンしてむずかし。。ピュンピュンしまくってる。ううん、細かい部分限定でつかおう。。ふわっふわのリスがいい。ラファエルに戻る。

そんでもって紙は、マルマンのオレンジと黒のあれ!くじ引きで当たった。あの紙って染み込まないから修正効きやすいらしいのですが、何が間違っているかも自分でわかっていないふらふらの私の絵では修正だのいう次元じゃない。ので、まあもっと染み込む紙の方が覚悟が決まる。

よく使うのはモンバルキャンソンとホワイトワトソン。名前やっと覚えた。

 

↓ちなみにこれが、普段使う筆と紙。ラファエル803 3/0号と、モンバルキャンソン紙。ふわふわでしみしみでおもしろいー。比べると全然違う。河了貂みる限りテンションは一緒なのにね。


飛信隊三人組

信、羌瘣、河了貂。

あーーーーーーーー、

はまった。しもた。抜けない。